■ご注文は1本から可能です。(メール確認無しで直接送付されても、お引き受けしております)
JAVA使用 海外録画時間計算(海外のテープの時間を自動で逆計算で日本時間表示されます)
●世界の電源事情 ●LP録画解説&コピーガード解説 
◆変換種別(VHS一覧)
◆DVD編・変換種別(一覧) ◆海外の規格&方式(技術編  ◆世界のフォーマット一覧  
      ◎日本で販売されている海外テープで最長録画時間時間

※LP録画は特殊改造デッキで録画可能です(お手持ちのビデオデッキでは録画出来ません)
日本の録画方式 海外の録画方式
SP(標準)/☆LP(2倍)/EP(3倍)
日本では録画出来る機械は販売されて
 おりません,通常再生は可能です。
SP(標準)/LP(2倍)
M-PALはSLP(3倍)モード有り
海外の録画時間は長時間物が多く変換ダビングされる
 場合にLP録画がお勧めです。
録画関係解説 録画時間の関係 コピーガード入りダビング
SP 標準ビデオヘッド T-120:2時間(120分) 元テープが入っている場合
 ダビングしたテープも
  動作します
LP 標準ビデオヘッド T-120:4時間(240分)
EP 3倍専用ヘッド T-120:6時間(360分)

■再生は現在の販売されているビデオデッキで再生可能(録画は出来ません)
■多少のトラッキングが必要です。
■コピーガード信号が入ったテープの再生は必ず下図を参照して下さい。
   必ず再生ビデオからテレビでご覧下さい。


LP再生時&録画時の各社表示部 (一般家庭のビデオデッキではLP録画は出来ません)
メーカー名 3倍表示(EP) 2倍表示(LP) 標準(EP)
■松下系
改造で3スピード
確保出来ました

再生も同様に表示
されます


再生、録画共
SP,LP,EPが可能
■松下系

再生、録画共
SP,LP,EPが可能
SONY

再生は可能
LP表示はでません
※LP表示はビデオ表示部にLPが無いため表示のみ出ませんが正常再生が可能です。
特徴:標準のビデオ(録画/再生)ヘッド使用で画像は表準(SP)と遜色が無い再生画質が得られます。
(日本国内ではLP録画機器は販売されておりません、永井電子特殊改造デッキ使用)
コピーガードが入ったソフトの再生法
測定器でテレビの信号を観測(水平同期信号) ビデオデッキ
■明るさの基準を同期信号のレベルを
  (波高値)基準としています
基準レベルが変動する事でビデオデッキは
 明るさが変わったと勘違いをして
  暗くします。
この変化が繰り返す事で(ランダム)ビデオ
 で録画すると録画側のビデオデッキが
  明暗を繰り返し録画の画面が異常で
録画が出来ません。

簡単な理屈でビデオデッキをだましています

コピーガードの種類
最近はマクロヴィジョン社が優位です
(特許法第68条、第78条、第100条取得済)
が最近のビデオデッキが変化を見せ始め
D-VHS、minDV等はコピーの設定が可能と
なってきました
内容によっては1度のみコピー可能
コピー不可、何度でも可能とユーザーは
大変な時代を迎えようとしています

当社ではコピーガードが入っていると
ダビングしたテープもコピーガード信号が
動作しますので上記の使用法でご覧下さい
◎著作物のの改竄は出来ません
(コピーガード信号除去は改竄に当たります)
注意点
ダビングは著作権で禁止されており
映像物の取り扱いは機器使用料金で
請求となり、著作物の法的責任は個々の
ユーザーが負うこととなりますので
個人の使用以外の配布はご遠慮下さい。

コピーガード信号の
入った状況

コピーガード信号が
無くなった所
写真はテレビ画像を垂直同期(V-HOLD)でずらして見ました

コピーガード信号が無し(ビデオ再生時は影響なし)

コピガード信号の入り始め(ビデオは多少明暗が現れます)

コピガード信号100%(ビデオは暗くなります)